お問合せはこちら

サイトポリシー等

個人情報保護方針

公益財団法人さいたま市公園緑地協会は、個人情報を正確かつ安全に取り扱い保護することを社会的責務と認識しており、個人情報保護に関する方針を下記のとおり定め、これを実行してまいります。

1.法令等の遵守及び継続的な改善

個人情報保護の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法令及び内部規程等の規範を遵守すると共に個人情報の適切な保護に努めます。また、個人情報の取り扱いについて継続的な改善を行います。

2.適正な情報管理の徹底

個人情報の漏えい、滅失及び改ざん等が発生しないように万全の予防対策を実施し、個人情報の安全性、正確性の確保を図ります。また、個人情報を取り扱う役職員及び委託先に対し、個人情報の重要性、適正な取扱方法等を周知徹底いたします。

3.取得目的と範囲

個人情報を収集させていただく場合は、利用目的を明示した上、適切な範囲で収集いたします。また、収集目的の範囲内で利用いたします。

4.第三者への提供禁止

法令等で要求された場合を除き、本人の同意を得ることなく個人情報を第三者に提供いたしません。

情報セキュリティ基本方針

公益財団法人さいたま市公園緑地協会は、一般大衆公益の増進に係る事業活動を適正かつ円滑に遂行するうえで、情報セキュリティの確保は重要課題のひとつであると認識し、当協会の情報資産の保護に係る方針を次のとおり定め、これを実行してまいります。

1.適用範囲

この基本方針は、当団体のすべての役職員に適用します。

2.情報資産の保護

情報資産の機密性、完全性及び可用性を確実に保護するために、組織的、技術的に適切な対策を講じます。

3.法令の遵守

個人情報をはじめ、当団体が取扱う情報の保護に関する法令及び内部規程等を遵守し、情報資産の適切な保護、保全に努めます。

4.教育、研修等の実施

情報資産及び情報セキュリティの重要性を十分に認識し、適正な事業活動を行うことができるよう、役職員に対し必要な教育、研修、訓練等を実施します。

5.継続的な改善

この基本方針及び関連する規程等に定められた点検、評価、見直し、を定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。

ソーシャルメディアポリシー

公益財団法人さいたま市公園緑地協会(以下「協会」という。)は協会が運用する公式ソーシャルメディアアカウントの運用に際して以下のとおり定めます。

1.ソーシャルメディア参加の心構え

  1. 協会ソーシャルメディアの全ての情報は、多くの利用者が使用可能であり、その内容が一瞬で社会へ大きな影響を及ぼす危険性があることを理解したうえで利用します。
  2. 協会ソーシャルメディアの全ての情報は、法令及び協会の各規程を遵守したうえで発信します。
  3. 協会ソーシャルメディアで発信する情報は、発信する経過と共に随時変わるものであることに注意します。
  4. 一度でも協会ソーシャルメディアで発信した情報は、第三者によるコピー等の可能性もあるため完全に削除ができないことを認識します。
  5. 情報を発信する際には、常に公益法人の職員としての自覚を持ち、協会の社会的信用の失墜つながるような内容は絶対に発信しないよう注意します。  

2.ソーシャルメディアの種類

  1. Facebook
  2. Twitter

3.公式アカウント名

①Facebook・さいたま市公園緑地協会「@park.saitamacity」
  https://www.facebook.com/park.saitamacity/

・大崎公園子供動物園
  https://www.facebook.com/大崎公園子供動物園-294501608119955/

➁Twitter・さいたま市公園緑地協会「@infosgporjp1」
  https://twitter.com/infosgporjp1

・大宮公園サッカー場「@NACK5_STD_OMIYA」
  https://twitter.com/NACK5_STD_OMIYA

4.管理責任者

  1. アカウント管理責任者 協会カスタマー・サービス担当
  2. 情報発信担当者    各施設長、事業グループ及び総務グループ担当者

5.掲載内容

  1. 協会管理施設におけるイベント等の情報
  2. 施設におけるお知らせ・トピックス等の情報
  3. その他協会が必要と認めた情報

利用者の皆様へ

ご利用にあたっては、以下の内容を確認、同意のうえでご利用ください。

1.コメントへの対応

  1. 協会ソーシャルメディアは、専ら情報発信をおこなうものとし、利用者からのコメント等に対しての対応は、原則おこないません。なお、質問などは、当協会ホームページのご意見・お問い合わせよりご連絡下さい。
    また、原則として、当協会と運営上関係のある団体や個人のアカウントについては、必要に応じてフォローすることがありますが、それ以外のアカウントについてはフォローしません。

  2. 掲載内容に関係のないものや虚偽のコメント、また下記2の禁止事項に該当する場合は、投稿者に断りなく削除し、ユーザーブロックをおこなう場合があります。

2.禁止事項

  1. 第三者の権利及び財産を侵害する行為、また侵害するおそれのある行為。
  2. 第三者を誹謗中傷する行為。
  3. 本人の承諾なく氏名、電話番号、住所等の個人情報を開示、漏えいする等のプライバシーを侵害する行為。
  4. 選挙運動に類する行為。
  5. 特定の宗教、団体等に関する布教、勧誘等の行為
  6. 協会ソーシャルメディアが提供する情報を無断で複製使用する行為。
  7. 営利目的に使用する行為。
  8. 公序良俗に反する行為、またそれらの描写等が含まれる内容のサイトに誘導する行為。
  9. 法令等に違反する行為、またそのおそれのある行為。
  10. 悪質、差別等他の利用者が不快と思う可能性のある行為。
  11. その他協会が不適切であると判断する行為。

3.利用上の承諾事項

  1. 投稿される全ての情報は、協会ソーシャルメディア利用者全てが閲覧可能であること。
  2. 利用者が提供等した個人情報については、協会の個人情報保護方針の適用を受けるものであること。
  3. 協会ソーシャルメディアを閲覧等で使用する利用者のパスワード管理で発生した問題等の責任については、利用者の自己責任であること。
  4. 協会ソーシャルメディアの利用で生じた利用者同士の全てのトラブル及びその損害については当事者間での解決とし、当協会は一切責任を負わないこと。
  5. 利用者が協会ソーシャルメディアポリシー(以下「ポリシー」という。)に違反し、協会に損害を与えた場合、協会は当該利用者に対して損害賠償を請求できること。
  6. 協会は、協会ソーシャルメディアにおいて提供される情報等の正確性について、これを保証するものではないこと。また、それらに起因してトラブル等が発生しても、協会は一切責任を負わないこと。
  7. 協会ソーシャルメディアに掲載された写真や動画等全ての情報の知的財産権は、情報提供者または協会に帰属しており、利用者は、情報提供者または協会の承諾を得ることなく転載等をしてはならないこと。
  8. 上記の他、協会ソーシャルメディアの利用で生じたいかなる損害についても協会は一切の責任を負わないこと。

4.URL短縮サービスの使用禁止

セキュリティ水準を維持するため、URL短縮サービスは、利用するソーシャルメディアが自動的にURLを短縮する機能を持つ場合等、その使用が避けられない場合を除き、原則禁止します。

5.ポリシーの変更

協会は、ポリシーを、利用者の承諾を得ることなく変更することがあります。この場合、変更したポリシーは、サイト上に掲載した時点で効力を有するものとします。

6.本ポリシーは、令和元年6月1日より効力を有するものとします。