トップページ緑をふやそう!助成制度 > 生け垣助成制度

生け垣助成制度

住まいの周りが生け垣等のみどりで覆われていますと、心にうるおい安らぎを与えてくれるばかりではなく、空気を浄化したり、地震災害時においてはブロック塀のように倒壊することもなく、また火災の延焼の防止にも役立つ、みどり豊かな災害に強い安全で快適な生活環境が確保されます。
  当協会では、自己の居住の用に供する住宅で道路に接する生け垣、または生け垣として中低木等の植え込みを初めて作ろうとする方を対象に "生け垣助成制度" による助成を行っています。ぜひご利用下さい。

助成の対象
  1. さいたま市内において、自己の住宅用(販売の目的で所有又は使用するものは除く。)
    敷地の緑化(生け垣・植え込み)の工事を初めて実施する方を対象とします。
  2. 一般の用に供されていると認められる幅員4メートル以上の道路又は道路の中心から住宅敷地までの距離が2メートル以上確保していて、緑化延長が2メートル以上行うものを対象とします。
  3. ブロック塀等を取り壊して緑化を行う場合は、取り壊し費用を助成対象とします。
  4. 他に、助成要件がありますので、ご相談下さい。

なお、助成により緑化したものは、5年以上の保護と育成の適正な管理を行うことが義務付けられます。 (例)自己の住宅道路幅員(4m以上又は中心から2m以上後退)

助成額
  1. 生け垣または植え込みの延長(m)×10,000円です。ただし、限度額20万円です。
    なお、工事費が1mあたり10,000円に満たないときは、その金額が1mあたりの助成の額となります。
  2. ブロック塀等の取り壊しの延長(m)×5,000円です。ただし、限度額10万円です。
    なお、工事費が1m当たり5,000円に満たないときは、その金額が1m当たりの助成の額となります。
  3. 助成金は1,000円単位とし、端数は切り捨てとなります。
助成の手続き


申請手続きについては公益財団法人さいたま市公園緑地協会生け垣助成要綱
平成13年5月1日制定によります。
緑の管理人ブログ 大宮花の丘農林公苑 NACK5スタジアム大宮
バナー広告募集中
詳細は、管理課企画担当まで