トップページ寄附金のお願い > 緑の基金

緑の基金

公益財団法人さいたま市公園緑地協会 特定寄附金『緑の基金』募集の趣意書

 公益財団法人さいたま市公園緑地協会は「公益目的事業を主たる目的とする法人」として埼玉県から「公益財団法人」の認定を受け、かつ税法上の「特定公益増進法人」と位置付けられている団体であり、都市緑化の推進及び新たな公園緑地のあり方を追求し、地域社会の健全な発展に寄与することを法人の理念としています。
 当協会が運営母体である「緑の基金」は、地域住民に安らぎとゆとりをもたらすとともに、さいたま市内における市民の積極的な緑に対する連帯意識の確立を図り、地域がより緑あふれたうるおいのある街づくりを推進していくことを目的に設置され、みなさまや企業等団体からの寄附金や募金を活用し、都市の緑を創造・保全していく事業を展開しています。
 つきましては、「緑の基金」の拡充を目的に、将来に亘る緑化推進事業及び緑化の普及・啓発事業のより一層の展開を図るため、多くのみなさまに本趣旨へのご理解、ご賛同をいただき、格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 
公益財団法人さいたま市公園緑地協会
理 事 長  井原 誠一郎

公益財団法人さいたま市公園緑地協会 特定寄附金『緑の基金』募集要項

1.目  的
さいたま市の将来に亘る緑化推進のための事業資金の拡充(積立て)と緑化の啓発及び普及事業の展開を目的に、みなさまや企業等団体から寄附金を募集するものです。
2.寄附金の使途
・将来に亘る緑化推進事業を行うための積立金(元本の拡充)※寄附金額の50/100以上の額
・緑化の啓発・普及活動のための事業費(花の種配布等)※寄附金額の50/100以下の額
3.「緑の基金」のしくみ
「緑の基金」のしくみ
4.募集期間
毎事業年度4月1日 〜 3月31日
5.募集対象
さいたま市民及び市内各団体等
6.申込方法
 当協会へご連絡いただき、所定の「寄附申込書」に必要事項をご記入のうえ、申し込みいただきます。申込用紙はホームページよりダウンロードできます。
 指定口座への振込みによる寄附も受け入れていますが、振込み手数料は申込者様にご負担していただきますようお願いいたします。
※「寄附申込書」のダウンロードはこちらから
◎寄附金受領後(振込みの場合は入金確認後)、「寄附領収書」を発行いたします。
【連絡・申込み先】 公益財団法人さいたま市公園緑地協会
〒336-0021 さいたま市南区別所4丁目12番10号
Tel:048−836−5678  Fax:048−836−5200
※土日祝日及び年始年末を除く、平日9時00分〜17時00分

また、次の公園事務所で募金箱を設置しています。
<浦和区> 駒場運動公園
<南区> 別所沼公園
<中央区> 下落合プール
<緑区> さぎ山記念公園
<大宮区> 大和田公園
天沼緑地(天沼テニス公園)
<西区> 三橋総合公園
秋葉の森総合公園
大宮花の丘農林公苑
<岩槻区> 岩槻温水プール
岩槻文化公園
川通公園
<見沼区> 堀崎公園
  
 
7.寄附金控除について
特定公益増進法人である当協会へ寄附した場合、以下の税制優遇の対象となります。
【個人の場合】
  • 〇 所得税控除額(所得控除)
    次のいずれか低い金額−2千円=寄附金控除額
    イ. その年に支出した特定寄附金の額の合計額
    ロ. その年の総所得金額等の40%相当額
  • 〇 住民税控除
    (寄附金の合計額−2千円)×10%[市民税6%・県民税4%]
    ※ 住民税における寄附金控除は、各都道府県及び市町村の条例で指定されている場合のみ適用されますので、お住まいの都道府県及び市町村にお問い合わせください。
    [ 埼玉県及びさいたま市では条例で指定されています。]
◎ 控除を受けるための手続きとして、確定申告が必要となります。
【法人の場合】 特定公益増進法人に対する寄附金は、次のいずれか少ない金額が損金に算入されます。

(1)特定公益増進法人に対する寄附金の合計額
(2)特別損金算入限度額

〔資本金の額×当期の月数/12×3.75/1,000+所得の金額×6.25/100〕×1/2
注:特定公益増進法人に対する寄附金のうち損金に算入されなかった金額は、一般の寄附金の額に含めます。 ◎ 詳しくは、所轄の税務署または税理士にお尋ねください。
寄附のご報告
お問い合せ先 公益財団法人 さいたま市公園緑地協会
〒336-0021 さいたま市南区別所4丁目12番10号
TEL 048(836)5678 FAX 048(836)5200
※ 土日祝日及び年始年末を除く、平日9時00分〜17時00分
 
緑の管理人ブログ 大宮花の丘農林公苑 NACK5スタジアム大宮
バナー広告募集中
詳細は、管理課企画担当まで